トリキュラーのニキビへの効果
カプセルを口に入れる女性

トリキュラーは低用量経口避妊薬として主に避妊に用いられる薬です。
トリキュラーに含まれる黄体ホルモンと卵胞ホルモンが脳下垂体に働きかけると排卵が起こらなくなります。
また、子宮内膜が厚くならないため受精卵が着床しにくくなり、子宮頸管の粘膜を変化させることで精子が子宮に入りにくくなります。
そのため確実な避妊の効果を得ることが可能になります。
こうした避妊以外にも生理周期を安定させたり、生理痛の軽減や出血量の軽減やニキビなどの肌トラブルに対する対処法として用いられることがあります。
それは、トリキュラーに含まれる黄体ホルモンと卵胞ホルモンの2種類の女性ホルモンが大きく関係しています。

女性は生理前になると女性ホルモン(黄体ホルモンと卵胞ホルモン)のバランスが崩れやすく、男性ホルモンの影響を受けることによって皮脂の分泌が過剰になりニキビができやすくなります。
しかし、トリキュラーを服用することによって体内の女性ホルモン(黄体ホルモンと卵黄ホルモン)のバランスを安定させることができるため、ニキビができにくくなります。
そのため、避妊を目的としない人でもニキビ治療のためにトリキュラーを服用する人が多くいます。

これらの効果を得るためには毎日決められた時間にトリキュラーを1錠服用することが肝心になります。
そして、トリキュラーを毎日服用することによって体内の女性ホルモンのバランスが安定することによってニキビを防ぐ効果が得られるのです。
ただし、飲みはじめのうちはホルモンのバランスが整いにくいため、ニキビを増やしてしまうといったこともあります。
また、ニキビに対する効果には即効性がないためホルモンバランスを安定させるためには継続した服用が必要となります。

サイト内検索
人気記事一覧
1
2
3

トリキュラーのニキビへの効果

2019年05月17日

(62 Views)

4
トリキュラーを使うと太るの?

2019年05月05日

(61 Views)

5
No image